祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

稲穂と中学生の瞳が黄金色に輝く秋の朝 「抜穂祭」

今日の目当ては抜穂祭。「ぬいぼさい」と読みます。
拝殿前で大切に育てられた稲穂がいよいよ頭を垂れ、実りの季節を迎えたことに、感謝を捧げる神事です。
毎年、定まった日程はなく、成育状態によって決めるようです。
今年は例年より一ヶ月遅い10月末のこの日。

01.jpg

どんな神事なんだろう?と待ちかまえていると、石段の下から楽しげな声。
中学生のグループです。ワン・ディ・フリーという授業の一環で、
自分たちで予定を組み、市内の歴史的・伝統的拠点を巡っているのです。
願掛け牛を撫で「頭がよくなりますように!」とキャッキャとはしゃぎ、楽しそう。

そこで、今からちょうど抜穂祭が執り行われることを告げると、
「わっ、見たい~。どうしよう」「昼食時間を短縮すればイケルよ!」。
みんなで顔を合わせて、スケジュール調整を始めました。

02.jpg

神職さんたちが粛々と登場。白装束と五色の拝殿と黄金の稲穂、美しい...。
中学生集団、スッと姿勢を正します。

宮司さんの朗々たる口上。腹の底から湧き出るような、いいお声だなぁ。
雨の恵みや「スクスクと」という表現や、「今は黄金の季節を迎え」など、
収穫に感謝する言葉が聞き取れます。
合間に2回、「おぉ~~~~~~」。
長く長く長く、息が続く限りのお声。まるで深い森の中で聞くよう。
これは「人の声」ではなく、何か別の「音」ではないだろうかと
聞き入りつつ宮司さんのお顔を見ると、あれ、唇が開いていない?
口を閉じたままこの大音量を発していらっしゃる?

04.jpg

最後に、ザクッと稲に鎌を入れます。
辺りに清々しい匂いが立ちこめます。

03.jpg

この間、中学生たち、静止し、神妙に頭を下げています。
しかし瞳からキラキラと光線が。視線をくるくると回転させているのです。
「滅多に出合えぬこの神事、何事も一瞬たりとも見逃すな」

終了後、感想を聞くと、
興奮を抑えきれない様子で「良かった」「すごかった...!」。
伝えた側としても嬉しい限りです。
偶然にしてこんな光景に巡り合えたなんて、君達、ラッキーだね。
(平成28年10月25日取材)

岩津天満宮 抜穗祭についてはこちら

梅鉢コレクション

梅鉢コレクション
花も実もないこの時季に、梅鉢満開とは愉快だな

「梅鉢」、日本古来の文様。愛らしいデザインで、女性に人気なのも頷けます。ハイ、わたしもその一人。
今日は梅鉢採集のために天神さんを訪れました。あちこちに意匠を凝らした梅鉢が百花繚乱。いずれも個性豊かで、本物(生もの)に負けない面構え。

■写真左:天狗鼻のように見える梅鉢。
■写真右:屋根の上におわす梅鉢は着物を着た道真公に見えます。

01.jpg



■「なおらい」の中庭に、梅3姉妹発見。枝垂れ梅が満開の季節の様子を待受にしたら、ご利益ありそうです。

04.jpg


■写真左:石灯籠めぐり。古い石灯籠に彫られた2種類の梅鉢が、デザインもタッチも違います。
別々の職人さんの手なるものでしょうか。
「相手方をチラッと見ながら『俺の方がいいもんね』と意識しながら彫ったにちがいない」と、
灯籠の廻りを何度もグルグル回るわたし。怪しいかも。
■写真右:古時計にも梅鉢が。

02.jpg

■写真左:大屋根の裾にひるがえる梅鉢曲線。レース飾りとか、フリルのようにも見えます。
■写真右:おごそか。「威風堂々梅」と名付けました。



03.jpg


■願掛け牛の群れが大量の梅味のオニギリに見えたのはまだ分かるとして、
美味しそうと唾を飲んだのは、我ながら妄想膨らみすぎです。

05.jpg

(取材:平成28年10月20日)

去年の今夜

9月15日は「秋思祭」。

秋を思うおまつりとは風情があります。
仕事を終えた夜の9時。
ひっそりと静まりかえった境内から一人月を眺めよう、
何ともロマン溢れる時間ではないかと、
灯りの消えた参道の階段をカメラ片手に登りました。

photo1.jpg

いくら田舎とは言え、現代社会はどこも明るいものです。
街灯もない暗闇を感覚だけでヒタヒタと登るのは、
野生動物にでもなったような気分で、かなり楽しいものです。
途中で見事にすっ転んだことは内緒にして。

「去年の今夜 清涼に侍す 秋思の詩篇 獨り斷腸
恩賜の御衣 今此に在り 捧持して毎日 餘香を拜す」

去年の今夜、清涼殿にて帝のおそばでお仕えしました。
「秋思」という題で詩をつくったこと、今では断腸の思いです。
帝から賜った御衣は今も捧げ持って、余香を拝しております。

これは、太宰府での道真公の気持ちをあらわした漢詩です。
御衣に残されたその人の香りで、帝を思う。
百人一首でも、文に焚きしめた香や着物の移り香など、
「香り」というのは大事なスパイス。
日本人にとって香りというのは昔から大事な要素だったのですね。
ふっと漂う風のかおりなど、
香りがきっかけで懐かしい記憶や懐かしい人の顔が蘇ることもあります。
思い出というのは頭の中だけじゃなく、
五感で感じて心に残るものだと常々思っていますが、
香りは、一番強く心に届くのかもしれませんね。

ふしぎで幻想的。夏の終わりの宵まつり

8月25日は岩津天満宮の献灯祭。

やっぱり日本人に似合うのは着物。
見た目も涼やかな浴衣姿で小粋におまつりに参加せねば。
ぐるぐる巻きの帯に心でグググ苦しいと悲鳴をあげつつも、
下駄をカランコロンと鳴らし遊びに行ってきました。

kentoup1.jpg

行ってみて驚きました。
今の時代じゃないのですよ、ここは。
時代も空間もグニャリとタイムスリップして、日本昔ばなしの世界に迷いこんじゃったんじゃないかと。

すっかり日が暮れて夜の静寂がおりた天神さんのお山の長い参道は、
ちょうちんの白くぼんやりした灯りが連なり、
ちょうちんお化けが足下を照らしてくれてるよう。
えっちらおっちら、慣れない浴衣と下駄で境内にのぼると、何と言うことでしょう!

kentoup3.jpg

何とまあ、驚きの幻想的な世界が広がっているではありませんか。
あらやだ、こんな近くに世界遺産が!と思うほど。
漆黒から紫のグラデーションに染まった宵の境内は、
ロウソクの炎がゆらゆら揺れる竹のぼんぼりで一面うめつくされて神秘的。
思わずボ〜ッと揺れる炎をいつまでも眺めてしまいます。
さすがゆらぎ1/f。炎って見ていると落ち着きますよね。

kentoup5.jpg

浴衣姿の人も沢山います。
ぼんぼりの灯りに照らし出される浴衣姿のシルエット。いいものですねえ。
嬉しいことに、浴衣で訪れるとご祈祷と梅カルピスのサービスがあるようです。
ぜひ行くべきですよ、浴衣で。
境内ではビアガーデンに夏らしくボサノバのライブも。
皆さんビール片手にやきとり、枝豆と、わいわいがやがや楽しい声が夜の境内に響きます。

むんと暑く火照った空気。
ちょっと寂しい夏の終わり。ゆれるぼんぼりの灯り。遠くで響く笑い声。
日本の夏まつりの、楽しくもどこかちょっと切ない感じ。
これがまた日本の夏らしくていいではありませんか。ねえ。(平成28年8月25日取材)

岩津天満宮献灯祭についてはこちら

夏の朝の風景:清く掃く

夏休みド真ん中のこの日朝8時、天神さんでは神職さん達が掃除に勤しんでいました。
♪ザッザッザッ、オーシーツクツク
深い緑の杜の中に、竹ホウキとツクツクボウシが音曲を奏でます。
わたしが普段、ゼイゼイ言いながら登る長い石段に、白い装束の神職さん達が竹ホウキをかけているのです。
慣れた手さばき足さばき。リズミカル、ダンスのよう。
習慣として身に付いた動きとはまさにこのこと。
見上げると、高い石垣の柵の外の狭いスペースでも♪ザッザッザ。
「そ、そんな所まで掃くんですか!?」

p2.jpg

p3.jpg

ホウキをかけられない苔や、玉砂利の落葉やゴミは、手で拾います。
植込みの下を覗き込み、砂利の底に指を伸ばし、表面に現れない部分まで丁寧に。
これを毎日!? しかも境内全スペース!? 天神さんの境内はかなり広いと思うのですが...。
「神様は、清浄・キレイな所を好まれますからね」と神職さんはにこやかに応えてくれましたが、紅葉・落葉の季節なんて一体どうなることやら...想像不可。

p1.jpg

拝殿では、力強く雑巾掛け。
かなりの樹齢と思しき大柱や床が磨かれ、光を放ちます。
見ていて心地良くなってきました。お手伝いしたくなってきました。
おかしい...。わたしは汚部屋住みの掃除大嫌い人間だというのに。

そういえば「清掃」って「清く掃く」なんだなぁ、と一人合点。
この光景を見るだけのために、また天神さんのお山に登りたくなってきました。
えっ、「その前に自分の部屋を何とかしろ」ですって?
ごもっとも...。(平成28年8月14日取材)