祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

お守りさん

辿り着いた境内は、平日昼間にもかかわらず若い子が多いみたい。そういえばそろそろ受験シーズンもたけなわ。きっと合格祈願ですね。

一人の青年が、スックと背を伸ばし、拝殿の先を真っ直ぐに見つめながら起立した後、二度頭を垂れ、次に大きく手を合わせ、拍手(かしわで)を打ちました。二拝二拍手一拝ですね。
凛々しい姿だなぁ。その眼差しなら、きっと神様は応えてくれるよ、なんて応援したくなってしまいました。

そういえば大昔にわたしも、こちらで合格祈願したっけなぁ。そしてお守りを、肌身離さず持ち歩いたっけ。時には話しかけたりしたことも......。
懐かしさを胸に社務所を覗いてみると、えっ、お守りって今、こんなに種類があるんですか!?

photo1.jpg

「受験合格守」に加えて病気平癒、安産や厄除け、長寿などは想像出来るんですが、「幸福守」や「恋守」、「夢叶守」なんていうのも!?
しかも可愛い、お洒落。生地の材質や、配色がキレイで、コレクションしたくなるほど。昨今、お守りが若い女性の間で秘かなブームだと耳にしたことがありますが、頷けます。プレゼントにしても喜ばれそう。
許可をいただいて写真を撮らせていただきました。


でも、お守りって贈物にしてもいいんでしょうか?
御祭神の御分霊の宿る授与品。本来なら本人が受け取った方がいいような気がしますが...。

社務所の方に伺うと、来られない人に差上げるのもヨシとのこと。
悩んだ挙げ句、わたしもひとつ購入しました。「夢叶守」。


大切な人へのプレゼントにする予定です。(平成28年1月20日取材)

岩津天満宮のお守り紹介はこちら