祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

献書展:何千人・何千枚の「一筆入魂」

この日、台風接近にも関わらず、天神さんには多くの人出。
筆まつりに併せてお習字の作品展「献書展」が開かれているのです。
社務所地階の講書の間にずらりと並ぶ作品達。
いったい何枚あるのでしょう。途中まで数えて諦めましたが、おそらく何千枚という単位。
そのいずれもが...面白すぎます。
払い一つ、レイアウト一つ、偶然の産物一つとっても、一枚一枚どれもが個性的でユニーク。
あぁ、もっとじっくり見ていたい。時間がいくらあっても足りない。
しまった、昨日のうちから来れば良かった。

001.jpg

小さな子ども達は筆を持つことで、改めて自分の名前と向き合うんだろうなぁ。
Nちゃんは「七」だけ漢字です。小学校二年生。きっと習いたてですね。
国語の授業で「これ、私の名前にある!」と、嬉しかっただろうなぁ。

002.jpg

「ね」の二文字の太さのバランスを微妙に変えています。デザイナーの素質あり?

003.jpg

幼稚園と小学校一年生のふで、ふで、ふで。
O君の「て」の押し(というのかな?)、いいですねぇ。潔く、大胆。

004.jpg

馬という字の、何とさまざまなるや。特に「ゝゝゝゝ」(足)。
走ります、駆けます。西部劇を観ているよう。

005.jpg

発見。「まつり」の半紙のシワが、どれも同じように波打ってます。
今後、半紙じわウォッチを趣味に加えようかしら。うむ、マニアックです。

006.jpg

「年」の縦棒が切れているのは偶然でしょうか。それとも意図的?
いずれにしても粋だなぁ。これが小学校三年生の作品とは!?

007.jpg

幼稚園児、H君の作品。「め」がユニークです。ロゴマークに使えないかしら。
さんざん迷いましたが、天神さん四季だより賞は、H君に決定しました。
おめでとう!

008.jpg

(平成29年10月22日取材)

「曲水の庭を、小人になって散歩する」

境内西の「曲水の庭」。小山あり水のせせらぎあり、森羅万象を表しているのかも。
ある角度から見てみると...あっ、これは! 「ひょっこりひょうたん島」、現る。
秋の心地良い一日、島の住人・小人となって散歩を楽しみました。

0001.jpg

002.jpg

コケを小人目線で見てみれば、まるで緑色の花畑。

003.jpg

こちらは何だか松のよう。私は松の樹冠を上空から見下ろしているのです。

002_3.jpg

まさに「曲水の庭」。見事に"曲"ってます。

004.jpg

小川のほとりの小山の森の奥に、小人の住む家がありそうです。

005.jpg

曲水の流れを島民達は、枯れ葉を小舟に、シダを橋に。

006.jpg

(平成29年10月10日取材)

天神さんの町に見る天神さんの風景

007.jpg

青木町、青木橋。天神さんへの南の玄関口といったところでしょうか。
欄干に牛さんがおわします。門番?

004.jpg

005.jpg

天神橋。豊田からここを渡ると岡崎市。ドドン!と「岩津天神」の文字が出迎えてくれます。

003.jpg

岩津商店街の作業衣屋さんのオリジナル製品、「すべらない手袋」。
キャッチコピーに「がんばれ!受験生!」とあります。
定価555円は「合・合・合(合格)」を掛けているのだとか。

006.jpg

老舗旅館に併設した小料理屋さんの看板にも梅模様。この坂を昇ると天神さんです。

001.jpg

岩津学区子どもの家の壁面に、天神さんの絵を発見。
岩津の子どもが描いたのでしょうか。鳥居の横に女の子がいます。
作者はきっと女の子ですね。

002.jpg

県立岩津高等学校の校門にも梅の模様が。「美の宣言校」とあります。

(平成29年9月29日取材)

  • 1