祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

長七翁に恋をして 服部長七翁関係資料展

人造石の開発者、そして岩津天満宮の中興の祖として知られる服部長七。
ここ天神さんを隠栖の地とし、大往生を遂げるまでの80年の人生に、
一体どれだけのことをなしてきたのか。
すごいアイデアマンで、技術者で、しかも有言実行してしまった人。

昨年の服部長七翁関係資料展では、「限りある人生、有効に過せよ」と、
叱咤激励してもらったものでした。
今年も何かインスピレーションなどいただけないかと、下心を抱いて会場に赴きます。

朝9時過ぎの豊楽の間。整然と並べられたさまざまが語りかけてくれます。
予想通り、今年も長七翁ワールドにはまってしまいました。
ハイ、私は今年も翁と語り合ったのです。

45枚の色紙からなる「服部長七翁一代記画帖」の18番目に、大きな傘が描かれてます。
「夜見世商人愛用の大傘を作りて 始めて司の号を附し 大志を抱く」とあります。

001.jpg

このマーク、商標登録證でした。「司」がモチーフですね。
今で言うところのロゴマーク。すごくカッコ良いではありませんか。
センスのいい方だったんだなぁ。

003.jpg

それを裏付けるかのような帽子。
オシャレで頭が良くて実行力があってアイデア抜群で...なんと言う方でしょう。
もう、惚れてしまいそうです(スミマセン、不謹慎ですね)。

002.jpg

61才の肖像画の胸には勲章。あれ?
会場には多くの勲章が展示されていますが、これと同じものもあったような...。

描かれたのは明治33年(1900)。岩津天満宮再興の依頼を快諾した頃です。
その後、20年の歳月をかけて大正8年(1919)、社殿は竣工。
見届けるかのように同じ年7月18日、翁は岩津天満宮にて80年の生涯を閉じます。
(平成29年7月16日取材)