祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

白・薄ピンク・紅色、実にさまざまな花の色 桜の花びらの色ギャラリー

日本人は桜が大好き。ことにここ岡崎市民は「岡崎の桜は日本一」と思っているから尚更です。
私も桜並木を見かけては、「こっちがキレイ、あっちも見たい」と、ついつい寄り道しております。

通常、私達が目にし愛でるその多くはソメイヨシノ。
「でも山桜も風情があるよね」「いや、桜といえばやっぱり山桜でしょ!」
そんな粋人もたくさんおられるはず。そこで天神さんです。
境内に、実にさまざまな種類の桜樹が植えられているんです。
隠れたお花見の名所といえるかも?

01.jpg


しばらく続いた雨が上がり、桜樹にとっては絶好の開花日和のこの日。
たっぷりと水分を吸い込み膨らんだ蕾たちがイキイキと花開き、ほぼ満開です。

まずは駐車場で出迎えてくれる桜。
木立の中に、白い桜がひっそり儚げに佇んでいます。
ワビ・さびの境地というのかしら。山桜でしょうか。
そういえば、山桜は葉と同時に花が開くと聞いたことがあります。
きっとこれですね。

石段を上がってすぐのソメイヨシノ。太い幹の切り株が苔むしています。
相当古そうです。いったい何年、何十年、ここで花の衣をまとっているのでしょう。
「今年も無事、咲いてくれましたよ」と神職さん。
優しい眼差しで梢を見上げます。

03.jpg

余香殿なおらいではガラスの窓越しに、桜の樹冠に手が届きそう、
紅色のしだれ桜とソメイヨシノのコラボです。
「天空の城・ラピュタ」感がいっそう強まります。
しかし、こんな紅い花びらの桜も存在するなんて、まったく知りませんでした。

境内で、桜色の服を着たキレイな女の子が、願掛け牛を撫でていました。
この日に合わせてコーディネイトしたのかな?
「美人さんだから、お顔はなぜなくてもいいね」と言うと、嬉しそうにはにかみます。
「じゃあ、どこをなでようかな?」「頭!」
美人で賢い女性の誕生です。

02.jpg

曲水の庭の周囲を、元気にグルグル回っている坊やがいます。
ニコニコ笑いながら、ものすごく嬉しそうに、何回も。
お母さんに聞くと、この坊や、曲水の庭を「天神さんの迷路」と名付けているそうです。
「ボクのお庭」なんだね。
そして散った花びらをつまみ、「お船」といって流し始めました。
何と元気な粋人でしょう。こちらも将来、有望です!

(平成29年4月10日取材)