祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

神主さんの正装 浅沓(あさぐつ)

3月25日は例祭。今年も平安絵巻のような光景が展開されました。
神職さんも正装です。

この装束、気になります。なかでもついつい目が行くのが履物。
「不思議なカタチ。どうなっているの? 歩けるの?」
子どもの頃からずっと疑問でした。
おそらく「竹取物語」に感化されたのでしょう。

01.jpg

これは浅沓(あさぐつ)といいます。靴ではありません。「沓」です。
見慣れない漢字ですが、そういえば「踏む」は「足」に「沓」ですね。
今日は若き神主・平林さんに解説していただくことが出来ました。


見せていただきました、人が履いていない状態の浅沓を、はじめて!
何かをくり貫いたよう。ふと、願掛け牛にも似ていると思ったり。
伸縮性はなく、甲の部分にクッションがあてがわれています。

「神事を行うときは必ず狩衣とセットで着用します。
会社員のスーツと革靴みたいなものですね」
サイズを表す単位は大・中・小。巫女さんの衣装もそうでしたっけ。

03.jpg



「でも、なんだか歩きにくそう。走ったりできるんですか?」
「いやいや、履き心地いいですよ。ただし走ると割れてしまいますけどね」
"浅"がつくのは、さっと足を差し入れ、軽く履くから。
踵もあるし、スリッパや靴と比べて案外、機能的なのかも知れません。
粛々と速やかに神事を行うための、神職さんのパートナーなんですね。

02.jpg

最上級品は一本の木をくり貫いた漆塗りで、中敷も織りの入った見事な設え。
もともと公家の装束で、形状は平安時代も今もほとんど変わらないそうです。
「竹取物語」の帝も履いていたはず。
何と、千年越しのファション・アイテムです。

「スミマセン、ちょっと履かせてもらえませんか?」
さすがに断られてしまいました。

(平成29年3月30日取材)