祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

「祝・合格」 若者達よ、若竹のごとく、矢のごとく、キラキラすくすく真っ直ぐに

青空の爽やかな天神さんの石段で、的射矢(まといや)を手にした若い女性とすれ違いました。
真っ直ぐな眼差しと矢が、あまりにもマッチしすぎ。

01.jpg


思わず声をかけると、志望大学に合格したことを御礼するために訪れたとか。
そうか今って、ちょうど合格発表シーズンなんですね。
でもちゃんと御礼にいらっしゃるんなんて、律儀ですねと申し上げると、
「ええ、ちょっと無理難題をお願いしたものですから」とお母さん、笑顔です。
「無理難題?」
難関大学に合格なさったそうです。おめでとうございます。

境内には、たわわに実るかのような合格御礼の絵馬。
「合格できました。ありがとう!」「これからも頑張ります」
初々しいなぁ。
若いカップルの「これだけの人が合格したんだね」という会話が聞こえます。
心のなかで「おめでとう!」とつぶやいていたことでしょう。

03.jpg



水掛け牛のコーナーにお婆ちゃんと女子高生。耳元に大きな輪っかが揺れています。
「合格御礼に来た今日が、晴れて高校生になった日。だからイヤリングOKにしたんですよ」
さあ、水掛け牛に、何の願いをかけましょう?
合・学・癒・厄・縁・職の6本の柄杓の中から、選んだのは「縁(良縁)」。
「勉強の次は縁~!?」。お婆ちゃん、嬉しそうです。

02.jpg

飛梅殿の前で、神職さんが作業をしてみえます。
境内の竹林でたった今、伐採したばかりの竹で、こいのぼりの用意をしてみえるのです。
辺りにいい香りが漂います。
「ほんの1~2時間で匂いが変わりますよ」
これは! 年に一回のチャンスに遭遇したということではないですか!
有難く切り口に顔をつけ、匂いを嗅がせていただきました。
青く旬な竹の香りです。

若者達の若竹のようなパワーを授かった、今日の天神さんのお散歩でした。

(平成29年3月20日取材)

  • 1