祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

南南東から北北西 水掛け牛君、今年の恵方へ方向転換

2月3日、節分祭。天神さんでは豆撒き神事と「恵方祭」が執り行われました。
恵方祭? 即座に「恵方巻を食べる祭?と」と想像した人も少なくないはず。
そもそも恵方とは何ぞや? ちょっと調べてみると、
歳徳神(としとくじん)という神様のおわす方角のこと。
今年は北北西においでになるということで、
これまで南南西を向いていた水掛け牛の方向を変えるお祭りなのです。
恵方巻を食べる日ではなかったんですね。


02.jpg

境内には平日にも関わらずたくさんの参拝客。
「去年もこれ位の人出があったよ」と、ご婦人グループや、ご夫婦連れの会話が聞こえます。
皆さん、チェックしているんですね。
「トリ、かおうかな」「えっ、マジ~!」。キャッキャと女子高生。
小鳥でも飼うのかと思った私は浅はかでした(正しくは可愛い酉の小物をゲットするという意味であったかと)。

「鬼は外~!」
ちいちゃな女の子達が手のひらいっぱいの豆を、嬉しそうに見せてくれました。

01.jpg

豆撒き終了後、「鬼さんどこ~?鬼が見たいの~」と境内を走り回る女の子。
「もう帰っちゃったよ」というお母さんに、
「いやいや、鬼さんに会いたい、会いたい~!」と駄々をこねています。
鬼が大好きなのだとか。この子にとって鬼はアイドル?
天神さんの豆撒きでは、鬼が赤ちゃんを抱っこしてくれます。
もしかしたらこの子も抱っこしてもらったのかも知れませんね。

03.jpg

さあ恵方祭。曲水の庭の流れのほとりに、静かにたたずむ水掛け牛。
よく見ると台座に方位が刻まれています。水掛け牛は今、確かに南南西を向いています。
これを真逆の北北西に向けるわけですが、牛も台座も石製。重そうです。
かなりの重労働では? と見ていると、まるで水に流れるように、すんなりと方向転換しました。

04.jpg

「今日までの恵方は南南東でしたが、明日から北北西に変わります」と宮司さん。
そうか! 節分とは季節の節目。明日は立春、新しい年の始まり。
恵方と節分、これまで意識したこともありませんでした。

水掛け牛は、願い事を唱えながら水をかけるとかなえてくれるそうです。
神事をじっとみつめていた坊やに「この牛さん、願いをかなえてくれるんだよ」と言うと、
真剣な表情でもにゃもにゃ唱え始めました。
「何をお願いしたの?」「DSがほしい」
もらえるといいね。
(平成29年2月3日取材)

※岩津天満宮「節分祭」についてはこちら