祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

「初天神」 天神さんのお正月

「初天神」とは何ぞや? 初と天と神。字面がいいじゃないですか。
現も良さそうです。
ご利益にあやかろうと境内に登ると、そこには多くの参拝客。
家族連れや受験生や老夫婦の皆さんが、
屋台のタコ焼きをほおばり、牛君を撫で、梅の開花を予想し、
その光景はのどかで、ほんわりお正月ムードです。

ハッ! もしかしたら、今年初の天神さんということで、
「初天神」とは天神さんにとってのお正月、という位置付けなのかも?



p1.jpg

神楽殿では岩津神楽保存会の演奏に合わせ、巫女神楽が奉納されています。
鈴や扇を手に舞う少女達の美しい姿を収めようと、カメラマンも鈴なりに。
おや、 廊下の手摺越しに、静かに正座し出番を待つ少女の指先が動いています。
間もなく本番。きっと、舞のおさらいをしているんですね。
手摺の額縁を舞台に、指人形の上演中。



p2.jpg

太鼓が始まりました。岩津天神太鼓「凛」と、
お揃いのオレンジ色のTシャツが境内に映える「遊」の子ども達。
さっきまでワーワー、ギャーギャーと遊んでいたのに、
演奏に入るとその目は真剣そのもの。

今朝9時ジャスト、「あれ、遠くから何か聞こえる?」。
耳を澄ますと、どうやら太鼓の音色です。
きっとこの子達が叩いていたんですね。

(平成29年1月22日取材)