祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

「厄除大祭」 小さな手の平から雪解け水へ 女の子の厄、流れて清し

初の積雪で、願掛け牛君が雪をまとうこの日、
拝殿では厄年の人のための厄除大祭が行われていました。


p3.jpg


御簾の向こうはまさに平安絵巻。
あっ、鈴祓いです。磨き込まれた鈴の音色をぜひ聞いてみたい...と
耳を澄ますと、ジャリンと一回だけ。
魂のこもった一振りなんですね。


p2.jpg


ご祈祷の中で宮司さんが、参拝者の住所を朗々と読み上げます。
そういえば自分も住まう地に生かせてもらっているんだ、
有難いなぁ...としみじみ。

こちらの男性は一人で参加されたようですが、何だかとても嬉しそう。
微笑んでいます。
私と同じく土地への感謝を再認識しているんだ、と勝手に親近感。

3名連れの女性参拝者は、お婆ちゃんとお母さんと、お孫さんでしょうか。
きちんと頭を垂れ、丁寧にお詣りしています。
ウサギのようなお尻と赤い靴下が、なんて可愛いらしい。
でも、こんな小さな子に厄年ってあったかしら?
年齢を聞くと「ちゃんちゃい」と指を折って見せてくれました。
「きちんとお詣りできるよう、練習させてもらったんですよ」とお婆ちゃん。
うん、上手にお詣りできたね。

その後、舞台を曲水の庭に移し、人形流しへ。
「ニンギョウ」ではありません。「ヒトガタ」。
訓読み? どちらがモトなんでしょう。
「罪や穢れを人形に移し、厄を祓い 心身ともに清めます」とあります。

p1.jpg


清き雪解け水の小川に、女の子が人形を流します。
神妙な面持ち。お人形さんに、何を託しているのでしょう。
その可愛い手の平と、放たれた人形の流れる様を撮りたくなるのはカメラマンの性(さが)。
ところがしかし......、あれ?あれ? どこにもない、人形を見つけられません。
祭事にふさわしからぬ駆け足で、曲がりくねった流れを追うこと複数回...。

後で神職さんに伺うと、水にすぐ溶ける紙で出来ているとのこと。
女の子の厄は雪解け水で、清くキレイに流されたことでしょう。

(平成29年1月16日取材)