祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

[高い所に登りたがる人たち] 紅葉から迎春へ カメラマンズとADとドローン君、四位一体の撮影

前に私はここに、紅葉の季節にドローンで空中遊泳をしたいと書きましたが、ついに願い叶ったり!


p2.jpg

この日早朝、夜明け前。すでにADさんとカメラマンズ(二人)、
ドローン君がスタンばっておられます。
ドローン君が飛び立ちます。ゆっくりゆっくり空中遊泳を開始します。
「あそこはちょっとバーッと」「そうだね、それがいいね」
ADさんとカメラマンズ、また岩津天満宮専門撮影用語で喋っています。
それに合わせてドローン君は旋回したり、紅葉の樹冠を舐めるようにくぐり抜けたり。
四位一体の動き。

p1.jpg

モニターを覗かせてもらいました。スゴイ!
雲の合間からうっすら漏れる光に浮かび上がる天神さんの緑の屋根のシルエット。
お山はまるで一つの園庭。
色とりどりのカリフラワーを敷き詰めたようにも見えます。

一緒にモニターを見ていた宮司さん。
「不思議だなぁ。例年、緑から黄色、赤へと色が変るんだけど、
今年は黄色を通り越していきなり赤になっちゃった」

完成動画は常時、社務所で上映されるそうです。絶対に見に行かなくては。

p3.jpg

今朝の岩津天満宮撮影隊のお仕事は、これだけに留まりません。
迎春のポスターの撮影。ドローン君に代って登場するのが脚立です。

生身の人間が重たいカメラを携え、支えもなしにこんなに高所で作業できるもんでしょうか。
すごいバランス感覚。
「もっと高い位置から撮影するため、台を手作りしたこともあるよ。
カメラマンは工務店も兼ねているんだよ」とAD氏。

高所恐怖症じゃないこと、大工、重い機材を担ぐのが苦にならないこと。
これを満たしたならカメラマンの素養があるかも。
ドローン君が憑依して、もっと高い所から風景を見せてくれるかも。(平成28年11月21日取材)

参拝者の想像力を掻き立てる、赤・紅・錦色 「お山は紅葉真っ盛り。深く紅葉呼吸」

天神さんの境内に上るには、二つのルートがあります。
ひとつが石段。もう一つが「つづら折坂」。わたしが勝手に名付けました。
九十九折りは、正しくは下ったり上がったりする坂を言うみたいですが、ヨシとしましょう。

p1.jpg

今日11月の「つづら折坂」は、例年通り紅葉真っ盛り。
見上げれば一面の紅天井。その隙間からキラキラと青空。たまりません。
この角度から見るのもいい、この位置の木漏れ日もいいと、
ゼイゼイと息をしながら坂を上ったり下りたりするうち、
体内が紅色に染まっていくようです。
紅葉深呼吸。体に良さそう。

「つづら折坂」だけではありません。天神さんのお山をすっぽり包み込む
何億、何兆、何京、無量大数枚以上あるかも知れないカエデの葉っぱ、
どれ一つとして同じ色はないんだろうなぁ。
上空から見たら、さぞやかしたの綾錦具合でしょう。
ドローンになって、空中遊泳したい。
春の梅色、秋の錦色。天神さんのお山を染める「色の対」ですね。

p2.jpg

お山全体が赤い鳥居になって、その中を歩いているみたいでもあるなぁ...
などと想像を膨らませながら、ふと行く先を見やると、
ズラリと並んだ赤い鳥居。紅葉の衣装をまとっています。
何だかおトクな気分。「二度美味しい光景」なんて言ったら不謹慎?
(平成27年11月30日取材)

只今、岩津天満宮の紅葉の見頃です。ぜひお出かけ下さい。

  • 1