祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

天神さんで初めて毟(むし)るお祭りって何でしょう

一年の間に天神さんではたくさんのお祭りがおこなわれます。
なかなか出会えぬ光景なので、参拝時に偶然お祭りに出会えると、
良い事がありそうな気分になるもの。

5月に行われる「毟初祭」。
難解な漢字に思考回路が乱気流をおこしそうになりますが、「もぎそめさい」と読みます。
何を初めて毟(むし)るかというと、答えは「梅」。


p1.jpg

3月には可憐な花を境内いっぱいに咲かせて、楽しませてくれた梅の花。
早いもので、5月にはぷっくり可愛い青い実がたわわに実ります。
その採れたての初梅を天神さまにお供えするお祭りです。

p2.jpg

梅の実を採るのに使うのは「青竹」。
青竹で梅の木をワサワサっとやって、実をふるい落とします。
神様にお供えするのに手づかみではいけないのだろうか、
それとも枝の高いところにある実をとるために、
かつて昭和を一世風靡したあの高所用剪定ハサミのような意味合いで竹なのかな、
竹だと一気に沢山の実をふるい落とせていいのかなと、
天神さまならではの珍しいお祭りを見学しました。

今年の梅の実は、ぷくぷく大きく艶があって、それは美味しそう。
天神さまもきっと満足していることでしょう。(平成28年5月22日取材)

岩津天満宮毟初祭についてはこちら









泣き声合唱団:泣き相撲

今日は待ちに待った泣き相撲。
ウワサには聞いていましたが、「泣いたら勝ち」のルールのもと、赤ちゃん達が大泣きとは何とも面白そう。
ついに念願叶ったり。


p2.jpg

土俵には廻しと鉢巻をつけた赤ちゃん、そして行司さん。
「はっけよ~ぃ.........のこったノコッタのこった~!!!」
「うわ~~ん!!!!!」
それだけ大きな声で顔を近付ければ、誰だってビックリしますがな。
赤ちゃんの顔、瞬時に真っ赤。「赤」って泣き顔から来ているのかしら?

p1.jpg

お昼過ぎるとおネムの時間。ぐずる子多発。
泣き声スケッチしてみましょう。
「ふんぎゃあ~、あーあーあーあー!」
「わォ~!!!!!」「がォ~、ガー、ガー、がー!!!」
「ピー、ビー(高音)」、「キュロッ、キュロッ、キュロッ」(鳥のさえずり風)
泣いて吊られて、吊られて泣いて、大合唱。
耳を澄ますと、大人も参加?
呼び出しさん。声高らかなる「東~、○○ちゃん!」の「ちゃん!」に、リズムとメロディをつけています。
こっそり合唱団の一員になっていますね。

p3.jpg

しかし主役の赤ちゃん達は、脇役に目もくれず。
お母さんの胸にしがみつき、
仰け反って足をバタバタさせ、絵に描いたような「駄々をこねる」シーンを披露し、
怒って鉢巻を投げ捨て自己主張し、
絶対に泣かないぞと歯を喰い縛り、行司を睨みつけ...。

一つとして同じ泣きはナシ!
全身全霊、混じり物なし。人目を一切はばからない、堂々たる泣きっぷり。
ピュアッ!
初心な泣き声シャワーが天から頭上に降り注ぎます。感染希望!

午前だけのつもりが、長居しました。もっとずっと居たい。
早く次が見たい。来年が待ち遠しい。(平成28年5月5日取材)

奉納 岩津天神泣き相撲についてはこちら

  • 1